LIFE+を設立する以前、10年近く住宅業界にかかわる仕事に携わり、様々な住宅を見てきました。
結論から言えば、日本の住宅環境は先進国中もっとも貧しいものの一つといわざるを得ません。
欧米人から日本の住宅が「プラスティック住宅」と呼ばれていることを知ったのも仕事を通じてです。
「機能的には優れているかもしれないが、壁はビニールクロス、床は接着剤で固めた合板、
こんな環境でどうやって子供を育てるのか」
彼らが日本の近年の住宅を見ると、こういう意見が戻ってきます。
欧米では住宅に新建材を使用することは稀だからです。
また、素材的な面だけでなく、デザイン面でも大きく立ち遅れていると言えます。

私自身、仕事を通じてあらゆる種類の住宅を見てきましたが、
自分が住みたいと思う家に出会うことはほとんどありませんでした。
もちろん全くない訳ではなく、中には住んでみたい、と思えるすばらしい住宅もいくつかありました。
しかし、それらは例外なく、お施主様の執念とも言える情報収集と努力の末に出来上がったものであり
一般の方が住宅メーカー・建設会社に依頼することで簡単に同様の住宅を手に入れることは非常に難しいことです。

あらためて「自分が一消費者として家を持つならどうするか」と考えると、
どうにも適切な手段が見当たりませんでした。
世の中にないのであれば自分たちでやってしまおう、この日本の住宅環境をなんとか改善しよう。
そういう思いでLIFE+を設立しました。

贅沢ではなく、日々の暮らしが自分にとって気持ちいい、
そんな上質な生活とそれを実現する住宅をLIFE+が提案します。